退職時のマナーに気をつけよう

介護の仕事で転職する理由の一つに、職場環境が悪いというものが多くあります。できるだけ働きやすい場所で仕事がしたいと考えるのは労働者にとって自然な判断であり、労働環境が良い職場に移ることで状況が改善する可能性があります。しかしこれまで働いていた職場を離れる際には、社会人としてきちんとしたマナーを守る事が鉄則です。辞めてしまえばもう職場と関係が無くなるからと言っても、配慮のない職場の辞め方では問題があります。

まずは仕事を辞める旨について、職場を離れる前に時期に余裕を持って上司に伝えなければなりません。急にスタッフが抜けることになると、現場に迷惑をかける可能性が高いでしょう。人手不足が労働環境が悪い原因となっているケースも多く、さらに人手が少なくなると介護サービスの提供自体に支障をきたしかねません。新しいスタッフを見つけるためにも、ある程度の時間的猶予を考えると、実際に退職する半年以上前には転職する旨を伝えた方が適切です。また職場を離れる前に、関係者にも事情を伝える挨拶回りを行った方が円満に退職できます。

職場を離れる事になったとしても、これまでの仕事で築いてきた人間関係は、次の仕事やプライベートに十分に活かせます。新しい職場に移る際のきちんとした挨拶のマナーを欠かさなければ、人間関係に問題が起きる事態は避けられます。転職先の事だけでなく、これまで働いてきた職場で残した課題もきちんと済ませて初めて成功したと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です