きちんと引き継ぎをしよう

介護の分野は、職場環境が合わずに離職する人の割合が比較的多い傾向にあります。職場環境が悪いと心身への負担が大きいため、限界を超える前に転職を考える事も時には大切です。しかし転職を本当の意味で成功させるには、事前に行わなければならない準備があります。新しい仕事先が見つかったからといっても、きちんとした後片付けを済ませないと問題が生じます。

例として、退職のため職場を離れる前には、事前に引き継ぎ作業を済ませる必要があります。要介護者のお世話を行う仕事を担当していると、要介護者に関する情報なども多く収集しています。そこで退職時に後を引き継ぐ人に対して、情報を引き渡す手続きが欠かせません。スムーズに引き継ぎを行う事ができれば、これまで勤めてきた職場に迷惑をかけずに済みます。

引き継ぎの作業を行うには、退職までにある程度の猶予が必要です。特に多くの要介護者を担当していた場合には引き継ぎの情報量が多く、また次に仕事を引き継ぐ人物が簡単に見つかるとは限りません。もし職場を離れるまでに時間があまりないと、慌てて引き継ぎ業務をこなさなければならず情報が十分に伝わらないリスクもあります。すると仕事を引き継ぐことになる後任の介護スタッフにとっては、大きな負担になります。

このように、担当していた介護業務を退職前に最後まで責任を持ち引継ぎを果たす事は、これから改めて次の介護の仕事にチャレンジするために重要な作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です